ひとりそうる@2日目。

  • 2011.05.24 Tuesday
  • 23:49

朝からお買い物に行きます。 と、言ったら、

それはダメ。
韓国の商売人は朝イチの売り上げをすごく気にするから、
しつこくされてイヤな思いをすることになるからやめなさい。
お買い物は午後からになさい。 と、言われた。

それじゃ半日ヒマになっちゃうよ~。 と、言ったら、
「お勉強するのはどうですか?」

というわけで、
世界遺産ツアーに参加することにした。
ひとりだからツアー参加はあきらめていたので嬉しいな。

と、はりきって早起きして集合場所へと急ぐも、
なーんと、ガイドさんは来てるけどバスがいない。。
しばらくぼけーっと、待つことに。。。眠い。

やっと来たバスに乗って、ソウル市内から1時間ほど走ります。

水原華城 スウォンファソン 수원화성
1997年世界文化遺産に登録。
朝鮮王朝第22代正祖王(イ・サン)が1794年に着工し、
約3年の歳月をかけて完成させた
約5.7kmに及ぶ城壁に囲まれた城塞都市。

すべては歩けないので、一部だけのツアーでした。

suwon

ところが、ツアー参加者から大ブーイング。

『チャングムの誓い」』とか『イ・サン』等、時代劇ファンのみなさまにとっては
華城行宮(ファソンヘングン)がメインなんですね~。
そこへ行かないツアーなんて、信じられない。とか大騒ぎ。
ガイドさんは仕方なく、バスで華城行宮まで連れて行ってくれました。
各自自由に見学。でも時間がないので15分くらい。ということで落ち着きました。

私はといえば、宮の前で行われていた、
韓国の民族伝統武芸、『武芸24技試演』に夢中になり、
気づけば集合時間であわててバスに戻るという。。
華城行宮に入ることはありませんでした。笑。
だってかっこよかったんだもーん。

korean


さてさて。再びバスは市内へ戻ります。


昌慶宮 チャンギョングン 창경궁
1418年に、ハングル文字を創制した朝鮮第4代王・世宗(セジョン/세종)大王が即位した時、
父親であった先王の太宗(テジョン/태종)を慰労するために建てられた。

1時間ほどのツアーでした。
いや、素晴しいところだけどね。
ガイド付きで観れて良かったけど。
暑過ぎて、熱中症寸前だわコレ。

Changgyeonggung


このあとはランチを食べて解散。
って、もうすでに当初の解散時間を1時間以上過ぎてます。
ランチは石焼ビビンパでしたが、あまりの疲労で記憶なし。


解散はロッテホテルだったので、そこからフラフラ歩いて明洞へ向かう。
ココをじっくり探索するのは明日の予定。

とりあえず、疲れはマックスだし、
ビビンパの途中から甘いものを食べたくて仕方なかったので、
本日のスイーツタイムは明洞に大決定。

Canmoreのパッピンスを食べようと思って店に行ったのだが、
トナリにBEANS BINS COFFEEを発見したので、急遽ワッフルに変更。

ランチが3時近くで、おやつが巨大ワッフルだと、きっと夕食は無理だなー。
もったいないけど、いっかい休みにしようっと。

それもこれも、すべてはツアーバスが遅れたせいだ。。
責任転嫁して自分を正当化しつつ巨大ワッフルを制覇。ばんざい。

さて、心もおなかも満たしたところで、エステにいくために移動。
こんなに甘いものをたっぷり食べておいてエステとか意味なさそうだけど。

お友達におしえてもらったエステサロンがあるのは今をときめくセレブな街。
狎鴎亭!アックジョン!압구정!!

エステはよもぎ蒸し→マッサージ→顔パックのベーシックコースでした。
悩みに合わせた漢方のお茶付き。
しかも、そのお茶をペットボトルに入れてお土産にしてくれました。うれしー。
ボトルキャップには名前入り。かわいい。。
せっかくキレイにしてもらったので、もうこのまま帰って眠ろう。

bottlecap
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

selected entries

recent comment

recent trackback

profile

search this site.

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM